1. ホーム
  2. アーカイブス:トップページ
  3. 健康
  4. イヌにとっての適温は何度か?

イヌにとっての適温は何度か?

posted : 2017.10.15category : 健康 / by : パウスタンプ運営委員会

イヌにとっての適温は何度か?

犬が過ごしやすい室温は?

暑い夏や寒い冬には犬のためにクーラーをつけたり、暖房をつける人も多いのではないでしょうか?

自分の適温であれば自分自身でわかることですが、犬は喋ってくれないのでどの程度が適温なのかわからないことがあります。

今回は犬の過ごしやすい室温について調べてみました。


犬は暑がり?寒がり?

適温を知る上で重要になってくるのは、犬が暑がりか寒がりかということです。

一般的に人間と比べた場合、多くの犬は暑がりで寒さには強い傾向にあります。その理由が犬は人間ほど汗をかかないことにあります。汗をかかないので体温を下げる機能が人間よりも低くなります。逆に保温性の高い立派な被毛を持っている犬種が多いため寒さには強くなります。

もちろん、犬種によっては毛の短い犬種や薄い犬種いるのですべての犬種が寒さに強いわけではありませんが、人間のよりも暑さに弱いことはどの犬種にも当てはまることだと思います。


夏の適温は?

犬を室内で飼う場合、締め切った部屋で室温管理をしないと熱中症になる可能性があります。そのために多くの方が夏の暑い日にはクーラーを活用することが多いです。

犬の場合、前述したように人間よりも暑がりなので、人間が適温と感じる温度よりも2・3℃低めが適温となります。

ただしこれはあくまでも過ごしやすい適温ということなので、適温でなければ熱中症に掛かってしまうわけではありません。クーラーを使い室温が下がれば自動的に湿度も下がるので。26℃ぐらいの設定でも十分に過ごせると思います。

重要なことは犬の様子を観察して、犬の状態で調整してあげることです。


冬の適温は?

冬に関しては、人間が適温と感じる室温であれば問題ないと思います。

ただ短毛種などの寒がりの犬種は、必要以上にストーブなどに近づいて低温火傷を引き起こすこともあるので注意が必要です。


新着アーカイブ

ヒトに忠実な犬種は?

ヒトに忠実な犬種は?

お手入れ・ケア / 犬
イヌにとっての適温は何度か?

イヌにとっての適温は何度か?

健康 / 犬
いつものエサを突然食べなくなるのはなぜか???

いつものエサを突然食べなくなるのはなぜか???

健康 / ネコ
災害時に活躍する使役犬「災害救助犬」

災害時に活躍する使役犬「災害救助犬」

お手入れ・ケア / 犬
犬種紹介「アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリア」

犬種紹介「アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリア」

お手入れ・ケア / 犬
犬種紹介「アイリッシュ・セッター」

犬種紹介「アイリッシュ・セッター」

お手入れ・ケア / 犬

サポーター募集中

迷い犬・ネコの情報を拡散していただけるサポーターを随時募集しております。

ぜひサポーターになって早期発見のためにご協力ください!