世界のネコ科の動物

posted : 2017.08.01category : 知識・情報 / ネコby : パウスタンプ運営委員会

世界のネコ科の動物

ネコ科の特徴

我々が家庭で飼育する猫は正式にはイエネコと呼ばれます。

イエネコはネコ科に分類されています。

ネコ科の特徴はすべてが捕食者であることです。捕食者であるがゆえに身体能力は高く狩るために進化した体であると言ってもいいかもしれません。

我々が飼う猫も捕食者である本能を垣間見ることが出来ます。例えばネズミなどを捕食する能力は未だに健在です。

野性的な美しさを持ったネコ科の動物、世界には様々なネコ科の動物がいますが、いくつか見てみたいと思います。


ライオン

有名なネコ科の動物で「百獣の王」と呼ばれ、ネコ科の動物の中でも王様的な存在です。

動物のことに詳しくなくともライオンのことをしらない人は少ないかと思われます。

ライオンは主にアフリカ大陸やインド北西部が原産になります。

体の大きさは体長が140cm~250cm、体重は120kg~225kgにもなります。

イエネコの平均的な体重が5kgですので実に40倍以上になります。

オス1 - 3頭、15頭までのメスと幼獣からなる群れを形成して生活する言われています。

狩りはメスが集団で行うことが多く、時にはオスが狩りの手伝いを行うこともあるようです。

足の速さは時速58kmになり、自動車に追いつくとも出来るようです。


チーター

チーターは陸上で最速の動物として有名です。そのスピードは時速120kmにも達すると言われており、ライオンの二倍以上の足の速さになります。

猫との大きな違いは引っ込めることの出来ない爪にあります。引っ込めることが出来ないが故にスパイク代わりとなり、スピードが出ると言われています。

主な生息域はアフリカで、基本的には単独で行動するが、親子で小規模な群れを形成することもあるようです。

狩りは単独で行い、主にインパラ・ガゼル属などの小型から中型有蹄類、大型有蹄類の幼獣など狩るようです。ほかの動物に横取りされないように、茂みに獲物を運んで食べたり木の上にまで持ち上げることもします。

チーター

トラ

トラはアジア各地に生息している大型のネコ科の動物です。生息数が減ってきていることで保護の対象となっています。

基本的に群れは作らずに単独で行動します。熱帯雨林や落葉樹林・針葉樹林・マングローブの湿原など様々な環境に適用して生息します。

肉食でイノシシなどの大型の動物などの他に魚などの小型の動物も捕食します。

トラは日本や中国ではなじみの深い動物で虎の入ったコトワザなどは多数存在しています。

トラ

ツシマヤマネコ・イリオモテヤマネコ

日本で生息しているネコ科の動物は「ツシマヤマネコ」と「イリオモテヤマネコ」だけです。(イエネコを除く)

ツシマヤマネコは長崎県の対馬に、イリオモテヤマネコは沖縄県の西表島のみに生息しています。

両方とも小型のネコ科の動物に分類され、サイズの違いはほとんどないようです。

「ツシマヤマネコ」「イリオモテヤマネコ」両方とも絶滅が危惧されているようで、現地の人でも見ることが難しい動物のようです。

共に単独で行動し、虫やカエルなどを捕食して生活しているようです。


新着アーカイブ

犬種紹介「アイリッシュ・セッター」

犬種紹介「アイリッシュ・セッター」

お手入れ・ケア / 犬
猫種紹介「アメリカン・ワイヤーヘア」

猫種紹介「アメリカン・ワイヤーヘア」

お手入れ・ケア / ネコ
犬のリードの選び方

犬のリードの選び方

生活 / 犬
犬の嗅覚はどれだけすごいのか?

犬の嗅覚はどれだけすごいのか?

お手入れ・ケア / 犬
世界のネコ科の動物

世界のネコ科の動物

お手入れ・ケア / ネコ
犬猫に対するヒアリの危険性

犬猫に対するヒアリの危険性

生活 / 犬

サポーター募集中

迷い犬・ネコの情報を拡散していただけるサポーターを随時募集しております。

ぜひサポーターになって早期発見のためにご協力ください!